夜中の散歩

日々の雑感と本の感想とか

会社員を目指してインターンに行っているが向いてねえかも

ご無沙汰してます。
就活やインターンを限界まで頑張ってしまったようなので、休もうと思っている。
とりあえず死にたい時は電話してねと電話番号ネットに載せてる坂口恭平氏に電話したけど繋がらなかったからTwitterで連絡したら、Twitterで連絡くれる人は死んだ人いないからあなたは大丈夫と言われてホッとした。会社や組織や普通の人の中で生きていく自信がないし、みんな親切だけど私は性格が普通から少しずれているからか、普通のことがいつもできなくてとてもきつい。

私はヘイトスピーチが許せないから、選挙の時に直接桜井誠に会いに行って抗議したことがあるんだけど、彼の支持者に包囲されて恫喝されて本当に危なかった。
でも行かなきゃ気が済まなかったから後悔はしてない。

会社の雑談タイムで、なんでだったか私の大学のゼミの話になり、担当教員はその分野の学会のトップなのに、ヘイトスピーチをして暴走している学会の研究者を放置していて、あの人やばいですよね、と指摘したら、その人の本はあなたの研究分野に関係がないから関心持つ必要はないと言われて、出世する学者って、処世術に長けていて自分の不利益になることは絶対しないし、悪い意味で大人って感じで失望したと話したんだよ。
そんな微妙なテーマは普通は話さないけれど、疲れてぼーっとしてて、つい思ったことを話してしまった。

そしたら、社長が笑って、教授は責任ある立場だからリスクについてよく考えていて、些細な不正義は見逃して、そうやってゼミの学生のことを守ってくれたんだから感謝しないと、と言ってきた。
私は子供っぽいんでしょうね、と言っておいた。

担当教授はトップだし、確固たる地位があるから木端学者をたしなめるくらいやったってゼミは潰れないし、いうまでもなくヘイトスピーチはささいな不正義などでは絶対ないのにね。

なんか、社長も他の人も親切ではあるけど、私側の特性が組織にいる事に基本的に向いてないからすごく疲れてしまう。
業種はわかんないし一旦は会社でスキルを身につけてからになるかもしれないし、だいぶ先かもしれないけど、フリーランスを目指すことは本気で考えた方がいい。
読んでくれている方にはフリーランスで働いてる方いるかと思うし私もライターのバイトくらいはしたことがあるけど自信がない…。
アドバイスしてくれる奇特な方がいたら話しかけてください。
会社は昨日は心身ボロボロだったから1時間で早退した。今日は行こうとして準備して玄関で土曜だと気づいた。
インターンも選考のうちとはいうけど、私だって選ばれるだけではなく会社を選考しないといけない。
根を詰めすぎて病んだから、入っても入らなくてもいいけど面接くらいは受けようとは思う程度の気持ちで気楽にやることにした。

鬱のアラサーが月一万円以内で服と化粧品をどうにかするノウハウ②お洋服全身千円編

私は27歳訳あって学生、卒論書いてた間ずっとバイトに行ってないしとにかく金がない。今日卒論終わったで!金ねえ!バイトだバイトだ!!と思ったけど、だがしかしバイト行こうと思ったら神奈川県全体がコロナ1日で1000人くらい発生だってよ!出れねえじゃん。というわけでしばらく籠城する。これを読んでるみなさんはどんな感じなんだろう。健康第一です、って言いたいけどさ、国が補償をしないから、緊急事態とか言われようがコロナで人が死んでようが他人も自分も危険に晒して外に行くしかない不安定な人も多いと思う。金持ちだから物見遊山気分でハナホジりながら貧乏人のブログでも読むべ、という人がいるならいいけどこんなブログ読んでる人は多分私と同じでそこそこ貧乏なんじゃないか?ちなみに私の残金はあと15000円です。うち10000円は祖母からのお年玉です。大事に使おうね!尽きたら来月は親に金を借りる。実家があるから俺は脛を齧るぞ!みんなも、もやいとかPOSSEとか生活保護とか頼れるなら親とかガシガシ頼ってね。つうか国!金よこせというか税金返せや!

テレワークに移行できる人はいいけど、私はクレカの勧誘のバイトを時給1300円でやっていて、週に1回か2回行って月に50000円くらいの収入を得ていたって感じで、外に出たくないから11月から卒論を口実にサボっている。出られないか?と昨日電話が来たけどシカトしている。よって無収入。家から出ないし無収入だからしばらく服買わないと思うけど、人形の頭が入ってるスケルトンの底の靴が通販で売ってたから買ってしまいそうなんじゃ…買うな…買うなよ、でもロリータファッションする時に使えそうでな。でも買わない。なるべく…なるべく。

 

さて。服なんだけど、最低限のオフィスカジュアルなら、トレジャーファクトリーの280円ラック縛りでdigるのをお勧めする。ニットとシャツとパンツを買っても千円行かないからな。ハニーズとかユニクロで仕事着買うのが馬鹿らしくなる。一回着たら中古なんだよ服って。一回しか着てないような服がわんさか280円で売っている。あとユニクロジーユーを手がけるファーストリテイリングの働かせ方を本で読んだことがあるけど酷かったから、ユニクロとGUはトレファクの中古ラックでしか買わぬ!腐敗した大企業に私の金は渡さん。

あとはリサイクル屋だとドンドンダウン(オシャレだけど高い気がする)セカンドストリート(280円ラックのないトレファクみたいなものか)とワットマン(半額セールをやる時があるのとコート100円とかで買える場合があるけど、駅ビル程度のブランドでもブランドのは高い、それから陳列がみっちみちすぎて見づらい、ザラの中古のスカート1600円とかで売ってるのは完全に高い)などという手があるけどいずれも()内の理由でトレファクに一歩及ばない気がする。まあ近さと好みだけど。それから、下北沢にある700円均一の古着屋スティックアウトもよく使う。

 

以前私はバイト先の社員からユニクロで3000円くらいで買ったやつでいいから黒パンツと白シャツ用意してと言われて、あとついでに黒いスニーカーも必須だと言われて、内心めっちゃ怒った。それまともに買ってたら働く前に一万くらいかかるぞ、と激怒。なのでまともな値段では買わない。280円ラックの中古のハニーズのパンツ2本とタカハシ(新品の型落ち、廃棄になりそうなやつが異常な安さで手に入る関東圏のチェーン服屋)のアースミュージック&エコロジーの100円のシャツでバイトに行っている。

バイト用の冬のコートは980円でトレファクで買ったスライの中古、毛羽だって破棄寸前だけど今年中は着ようと思う。バイトの服にまじで金かけたくない…。立ち仕事だから靴はイグニオのランニングシューズ1300円を履いている。カバンは無印の990円のトートバッグを持っていっている。安いぜ…安い女だぜ…でも仕事とか、就労支援とか、学校とか、擬態して過ごす場所のための服に貴重なお金割かなくて良くない?

残ったお金をロリータファッションやトンチキ服につぎ込んでそれを着てライブ行ったり本読んだり友達とどっか行ったりすることに使うのです。gommeの二万のTシャツとか4000円の本とか(ブルシットジョブ)買うために取っておくのだ。そういう作戦なんだ。気向いたら今度は写真も載せるか。さらに気が向いたらメイク編もやる。ではでは。

子供の頃は頑張ればうんこって巻いた形に出せるのかと思ってた

子供の頃はうんこって出そうと思えば巻いた形に出せるのかと思ってた。尻を回すのか?とかすごい長いうんこを出して同じ場所を狙って出せば自動で巻くのかとか本気で考えていたものよ。

私が巻きぐそのことを考えている小学生だった頃、6つ下の弟はテーブルの下やカレンダーの裏、壁などに鼻くそをくっつけてコレクションしていて、親に怒られて泣いたりしていた。奴は無駄にカメムシ食ったりもしてた。ところで今Googleアドセンスの審査中だからこんな記事書いたら社会的に無価値とされて落とされたりするのだろうか。

中学生のときには友達がエロい単語だけ集めて書いてるノートというのを持っていて、とっても謎だったのを覚えている。クリトリスとか書いてあった。本当にあの人なにがしたかったんだろうな!

子供の頃をやたら思い出すということは私そろそろ死ぬのだろうか??ベルサイユのばらでオスカルがアンドレに殺されかける前にそう言うこと言ってた。一緒にしちゃ悪いかな。

 

鬱のアラサーが月一万円以内で服と化粧品を無理やり人並みにどうにかするノウハウ①基礎化粧品

私は二十七歳訳あって学生、卒論書いてる間ずっとバイトに行ってないしとにかく金がない。実家だから死なないとはいえ月に自由に使える金は大体二万円、半分以上は本と食費と猫に消えるから、服やら化粧品に使える金はほとんどないんだが、困ったことに私は服と化粧品買うのが大好きなんである。肌は常になんとなく良い感じに整えたい、アイシャドウの新色売ってると見ちゃう、変な服売ってると欲しくなる、物欲に打ち勝つのは無理、物欲なくなったら私じゃない、死ぬほど安く買うしか手はない。しかし労働者を搾取してる企業から安く買うのはヤダ。余ってるものとか捨てられる寸前のものを安く買ってきてそこそこ長く使うということをしたい。

前置きが長くなったが、少しでも金節約したい人や貧乏な人にはこの記事役に立つのではないかと思って書いてみる。あと、私は精神二級の躁鬱人間なのもあって、ボディケア?なにそれ食えんの?ひじがパックリ割れたらワセリン塗るとか?レベルの雑なことしかできない。しかし行程省いてもスキンケアしたり化粧したいんだよ…

 

基礎化粧編

 

・化粧水→無印良品敏感肌用大ボトル1190円

水みたいで効果ないというレビューを見たことがあるけど割と保湿力あると思ったなぁ。ちふれよりよかった。高保湿タイプとかも確かあるはず。ちなみに私が使ってたら、母はシャネルから、祖母はディオールからこれに乗り換えた。別に変えても不都合はないらしい。シャネルの化粧水だって水みたいにシャバシャバだよ、と母が。化粧水なんか何でもいいと思う人は可もなく不可もないからこれにしてしまえ。変な匂いとかないのがいい。

・乳液がわり→スチームクリーム1500円

これは、ラベンダー臭いから人を選ぶ。メーカーは香料は低配合だから犬猫飼ってても使っても大丈夫だと書いてたけど、気になる人はやめた方がいいかも。全身と顔と髪に使えるからズボラちゃんにいいと思われる。ダヤンの缶に惹かれて何も考えずにカワイーっつって買ったら意外と持つから一年くらい使ってる。キャラもののコラボ缶とかしょっちゅう出てて可愛いのだ。

洗顔→ラメランス泡で出るタイプ約500円

香りが良いのとつっぱらない。泡で出るからそもそも顔洗うのがめんどくさい人必見。洗浄力もまずまずあるし、洗顔料で落ちるタイプのビービークリーム程度なら落としてくれる。

洗顔、洗髪、体洗い→メンズビオレワン約800円

何もしたくねえ、本音では風呂も入りたくねえ、でも悪臭放ちたくねえと言う時におすすめ。

顔も洗えるし化粧も前述のBBクリーム程度のならまあまあ落ちる、髪はリンスはしてもしなくても良いと書いてある、(どっちなん?)

リンスはした方がいいと思うけど私はしてません、かための犬みたいな質感になるけど、洗わないよりマシだと思っているよ。7回くらいプッシュして、頭洗った泡で顔洗って顔洗った泡で体洗って、ってやると、工程を省けていい!しかし股間洗うと若干染みる感じはする…我慢。

 

スキンケア編終わり。ベースメイク編とお洋服編をまたやると思う。ではでは。

家庭内でも暴力は一発アウトって早く浸透して頼む

うちの親、特に母親に対してキチガイバーカ死ね階段から突き落とすぞと言う気持ちになってきた、多分今後もたびたびなる、から全然冷静じゃないけど文章を書いて自分をクールダウンさせようと思う。

卒論あと十日以内に出さないと卒業できないのに何やってんだって感じだけど、なんかの締め切りが近づいてきてダウナーな気持ちになると普段は心のゴミ箱に突っ込んでおいてほったらかすような記憶が蘇ってくる。受験の時もフラッシュバックで苦労したなー。

私が14〜19くらいまでの期間、学校に行かなくなるたびに母親がボコボコにぶん殴ってきたのが全然許せなくて、今現在暴力を振るわれているわけでもないのに非常に同居がしんどいと感じられる時がある。

高校入ったあと、友達0人なので遊園地に遠足行くのが嫌で部屋のロフトベッドで寝てたら、母親が部屋に侵入してきて、行くまで殴るし蹴ると宣言して実際に殴ってくるし蹴ってくるから、最悪な気分で遊園地行ってかき氷食べながら楽しそうなクラスメイト眺めつつ、友達作れと教員から説教されつつ、なんの乗り物にも乗らずに本読んでたという、学校にも家庭にも居場所が全然なかったちゃんな記憶が蘇って今大変ダウナー。ロフトベッドから母親突き飛ばして殴ったり蹴ったりしたのも思い出してさらにダウナー。へろへろ。母には私に普通になってほしい以外の感情がないんじゃないかなー。元気に生きてなくていいから、というか死んでもいいから、とにかく普通になってほしいとだけ願われて生きてきた気がするよ。

中学はボロカスにいじめられてたし学級崩壊起きてたのに無理矢理通わされてたな、あれは人権侵害だったな、カウンセリングも勝手にやめさせられたし、人間とか子供の権利に関してなんの理解もないし、そうゆう人間ほど世の中に疑問抱いてないから、世の中の流れに沿ってそうゆうもんだと思ってぽんぽん子供産んで虐待を虐待だと思わずに虐待するんだよな。

私だったらこの社会で子供育てんのなんか子供可哀想だからとてもじゃないけど産めない。私に似た性格の子供が生まれたらボロボロになって精神病むのを繰り返すだろうし、全然似てなくて地獄で元気に生きられる人間産んじゃったらそれはそれでモンスター発生させたことになるだろうし。

19さいのときに色々我慢ならなくて漫喫に住んだ後アパート借りて家出して四年帰らなかった。四年で帰ってきたのは躁鬱の躁が爆発して措置入院してる間にアパート引き払われてたから。

もっかい出ようかなー。いつかまた調子悪くなったら母のことは本当に殺しそうでな。

大学がセクハラに満ちててイヤだった話&津村記久子に救われた話

大学一年の時のクラスにすごいイヤな男がいて、そいつはある日グループワーク中に大人しそうで単独行動してる女子を狙って、ブス!とかデブ!とか小声で罵倒するということをしていて、私はそこに居合わせてて耐えられなくて、その男に対して何お前何やってんの!?とか怒鳴り散らして荷物も持たずに教室を出て行った。

あとで荷物を届けに来てくれた友達がいたけれど、ひどかったねとか、あれはないよ、とかそういうことは何も言われなくて気味が悪かった。私が波風立てなかったら誰も何も言わずにその場って済んだのか?と思って、それから、そいつが異常だということに怒りが湧いていて被害にあった女子がどうしてほしかったかとか考えてなかったと思った。混乱しながら高校の頃の同級生にことの経緯をメールして、対応これであってた?と尋ねて、お前は悪くない、と言われたのを覚えている。私がブチギレたせいで被害者の立場がますます微妙になってたらと思うと、良くも悪くもないような。過去の自分の気持ちはわかるけど、今タイムスリップしたらもう少し冷静に怒ると思うなぁ。わからんけど。

クラスの雰囲気ほんっとイヤだなぁとは思っていたけど、その頃入ってた文芸サークルでも少し見た目を派手にしてたらオタサーの姫とか言われたりめっちゃセクハラにあっていて最終的に弁護士頼ったりするハメになり、なんつうかイヤな文化があまりに生活全体を覆いすぎていた。適応できない自分が悪い?などと自責したり、今思うと悪いものは悪いと言ってるだけなのに自分の感覚を疑ったりするくらい追い詰められていた。あと対人操作能力高い悪いやつが生き残る、悪いやつがいる、そこまでは理解できるけど傍観したり便乗したりするまともそうな人が多いことがあんまり理解できなかった。

津村記久子さんが同級生で直接叱咤激励してくれたとかそういう話では全然ないんだけど、その頃読んでいた津村記久子の小説やエッセイには遠隔ですごい救われたなぁということをさっきツイキャスで友達に話していた。人のことを心配したり思いやったり、イジメや暴力行為をやるような人を否定したりしても大丈夫、みたいなことを私は身近な人からはっきり言われたり態度で示されたことがないから、私は人生で初めて津村記久子の作品からそういう倫理観とか価値観を学んだんだと思う。

だって小中高っていじめられたりハブられたりしてたけど、親とか先生とかってうまくやれとかとりあえず友達作れとかいじめはいじめられる方にも原因があるとかしか言わないし、距離感間違えたり傷つけあったりしながら人といることで生じる悪さとか無理してイヤな人といないことの良さなんて教えてくれないじゃん。

私は津村記久子作品に出会ったから自分の中に多少は住まう正義の人を嗤わなくてよくなったんじゃないかな。

津村記久子さんどうもありがとう。どうすごいか、書こうと思ったんだけど、私はここまで書いたらねむくなってしまったよ、君はそいつらより永遠に若いの解説読んで、君はそいつらより永遠に若いを読んでくれ。

ちなみに私は映画版の君はそいつらより永遠に若いにエキストラとして出ているぞ!ホリガイとイノギさんが最初に出会うシーンの背景で教室から出ていく役。映画版観にいかなければ。

言葉

 

 

フェミニズムについて卒論書いても私が成長したり大学卒業したりという得をするだけで、ネタに使われた人全然いいことないよなーと思う。私は直接誰かにインタビューしたりしてはないけど、先行研究の事例になってる人は生きてる/生きてた人だし、なんか生活とか、宗教とか、ムスリマのヴェールの意味とか勝手にネタにしていいのか。あとこういうこと少しは考えろと指導教員含む他人から言われたことないのも問題だと思う。歴史の学部だから?でも先生めっちゃフィールドワークしてるし、考えたことないわけがないしなぁ。しかも卒論って指導教員以外誰も読まないし、他の人が拾って役に立てる可能性もゼロだ。私は一人でしかないけど一人分の思想とか言葉が変わるから意味はある、周りの人に還元されるよ。バタフライエフェクト!って、でもそれ願望じゃん。本当なのかな。

以前5000円につられて、セックスワーカーをインタビューしたいという研究者に話をしたことがあるんだけど、この人の研究はいつかセックスワーカーの安全とか待遇改善に役に立つのだろうか?それともこの人のキャリアに役立つだけなのかな。と疑問に思った。なにせ話すのって大変、仕事中レイプされた話とか、付き合った人の話とか生育歴とか、根が真面目なもので、あとセックスワーカーの労働運動とかしてたもので、なんかの役に立てればとちゃんと話してしまってかなり疲れた。体感では二万くらい欲しい労働だと思った。バイト行った方が楽だった。でも5000円くれるってインタビューでは良心的な方だと思う。テレビに出たあるマイノリティ当事者のかたが、取材されてテレビ出て顔も出して無償だったと言ってたのも聞いたことがある。ちら読みしただけだけど、調査されることの迷惑という本もあるよね。

論文もそうだけれども、現状へのカウンターとして放たれた言葉が社会とか人々の意識に働きかけて物事が変わる可能性って、どれくらいあるのだろう、みたいなことをよく考える。
言葉の目的が言葉だとダメなの?とか、書いた人が食うことが目的の言葉でもめっちゃいい言葉?だったらどうする?とか、多分誰か考え抜いた人がいる問いなのだと思うけれど私では答えが出ない。

言葉を持つこと、書くことの暴力性について私が考えたのって桐野夏生が文藝で特集されてたのを小学校の時に読んだのが最初かと思う。

たしか、桐野夏生の小説は海外でも人気出たけど、そのことに喜んでるだけじゃなくて、現実の構造を批判したり壊したりする意図で書いた小説が、極東から来た激しいものを読みたいという読者の需要とマッチしてしまって資本主義をぐるぐる回すだけになってたら虚しいというようなことを星野智幸と話してたんだったと思う。

「言葉は現実を収奪して肥えていく」みたいな言葉を思いついたけど本当はこの感じなんて言い表せば良いのだろう?言葉と現実は別に二項対立じゃないぞーとか、逆もあるぞー、とか、いろんなセルフツッコミ入る。トイレ行きたい。あと頭痛い。この文章は一回ここで切る。