夜中の散歩

いじめについて考えている

びんぼうだから日雇いキャバ嬢

ニベアと化粧水と化粧下地とビービークリームが同時多発的に切れている!ちふれのオールインワンジェルを買って全部終わりにしてやる。

あとトマトとサバの缶詰千円分買っとかないと不安だ。備蓄食料がない。

深夜にラクマで中古のルナソルのラメパレットととシャネルのキャトルオンブル買ってもうた。

二個で1500円だし楽天ポイントで買ったから大した額ではないしわたしは化粧品は

買ったら使い切るまで全部使うから無駄ではない、と言い聞かせる、が、正直奢侈品

買ってるときってすごい瞳孔開きながら全然正気じゃないテンションで脳内麻薬がドバドバ出てる。少額の買い物に依存している。

化粧品買ってから手に入れるまでってどうしてこうワクワクするのだろう、どう塗っても自分の顔にしかならないのになぁ、でも毎日アイメイク少しずつ変えてれば飽きずに使い切るまで楽しいじゃないか、よいよい。

自分のまぶたが青か赤か緑か紺か茶色かマットか光ってるかなんか自分しか見てないんではないかと思うし、正直1500円で10日分の食料買うのと瞼を塗る絵具買うのってどっちが良いんだろと思う、でも食料だけじゃ生きらんないんだよーだよーだよー

とりあえずキャバクラの日雇いにまた行く。

ひまな店らしい。

知らない人と話すために見た目を整えて知らない街まで電車で行き借りた服を着て女のコスプレをするだけだ、慣れてるしもはや

ルーティンだよ。しかしめんどい、深く憂鬱。焦燥感と緊張で頭の中がうるさい。早く行ってしまって働き出したい。

布団干して、毛布と枕カバー洗って、蒸しパンと唐揚げごはんを作って食べて、風呂の掃除をし、冬物のいらない服をフリマアプリに出した。

満喫に泊まることと交通費があるから一万稼いでも2000円は飛ぶなー。やだなー。