読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中の散歩

いじめについて考えている

1600円で10日分の食料

鶏胸肉一キロ500円

焼きそば三食100円

うどん三食 100円

いなばのカレー100円

エクレア 60円

チョコレート百グラム100円

もやしたまご牛乳が計300円

レトルトパスタのもと100円

歯磨き粉ガードハロー100円

計だいたい1600円

いまから鶏肉でハムを作るよ。

5日分くらいの炭水化物と10日分くらいの肉とかレトルト購入。

あと10日はこれと家にある麺と米とスープ、缶詰でどうにか食う。

それから年末1200円の短期バイトに行く電話をかける。

風俗も面接とりあえず受けよう。と思うけど交通費パスモを崩さないとないかも・・

死ねる

過去の家計簿を見ていて思ったのだけれど

無職の時しか家計簿をつけてないな。

貧乏な時は暇で体力残っててお金の出入りが少ないから家計簿をつけるエネルギーがある

んだなぁ。今はまさにその真っ最中だからいくら使ったかメモれるけども。

働いてると体力も気力も残ってないので自炊よりはるかに金を使ってしまう、家計簿なんかつけてる暇はない、今ならサイゼでランチする金があるなら今なら一キロの肉買うけど

働いてたら解体作業する元気はないからサイゼ行っちゃうんだろうな。

しかし肉買ってきて塩ハーブ生姜などで下味つけて切って茹でてってなんだかんだ1時間は食うから自分の家事労働分は計算に入ってないんだよな。節約って外で働いてたらできない。

これでどうやって儲けを出すんだ?と思うような値段の食料と服を着てこれでどうやって

食っていくんだ?と思うような賃金で働いて

そんな自分の生活の無限ループを思い描いて心が重くなったけど、そんな生活でも大事だ

一度親から離れて安全なところでカウンセリングと精神科にかからなかったらどうなってたかわからないもの。

月に二十万くらい好きに使える時も月10万くらい使ってあと貯めてニートの時に備えていた。今化粧品があって石鹸があってクナイプがあってレンジがあって冷蔵庫と洗濯機があってコートもシャンプーもあるのはゼイゼイ言いながら働いてた頃の自分が買い物しまくってたからだ。その時は使い切れないもの買いまくってバカじゃねえのと思ってたけどありがたい。働きまくってるとお金使いまくりたい欲が高まるし無職だと低まる。

働いたストレスをかね使って発散するのってバカみたいな行為だ。最初からあまり働かなきゃいーじゃん。

節約する元気があるくらいの労働をしてみたら?

と思うんだけど、働き始めると金がどんどん欲しくなーる、そしてものがどんどん欲しくなーる。バカだねー。