夜中の散歩

いじめについて考えている

誕生日だた

子供は好き、小さい人間は可愛いから

ハトとかネコとかのことを好きなように人間の形が好きなんだと思う

出産や子供にまつわる神話を憎む

わたしが出産したらわたしが用意できる環境では被害者にも加害者にもなると思うし倒錯するだろうから産まないけど

人間があることに意味はないのだからゼロからゼロになるだけでは、と思う方で、

なぜ産むかとか産むとはとか考えない方

産むことの加害性とか圧倒的暴力だとか一方的だとか取り返しのつかなさとか、理屈としてはわかる、そう思う人がいるのはわかる、むしろ辻褄が合っていてわたしはあっていない

まあわたしは大人だから基本的に子供とは通じないだろう

わたしは子供じゃないから子供のコミュニティに子供として入ることはもう二度とないから

子供を注意深く観察しないとなんの感情にも気づくことができないだろう

近づいて関わることは避けたい、加害したくない

人間のことはわからない

小さい人間にどきどきする

なぜかはわからないけどきみがきてくれたことはとてもいいことのような気がするよ

言ったか言われたか思われたから思ったか思い出せない、わたしと関係ない人がわたしに関係ない人に言ったかもしれない

でも確かな気配を感じたことがあるこういう声の

駅で離人症気味になってしまいこれを書いてました