読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中の散歩

いじめについて考えている

生きているという現状を維持するって疲れる

どこに行ったから逃げられるというものでもない。

遍在してる、いじめは空気みたいなもの。生きているだけで大変だ。部屋汚ない勉強してない仕事が続かない社会的に死んでる私を殺さずに生かしとくだけで今まで大変だった。単に生きてるだけで自尊心は死ぬし嫌な人間はあらわれるし大変だった。他人から見てはっきりとわかる成果を出したり努力してなくてずりおちそうになっている

私は頑張ってないわけじゃない

完全にずりおちないために力を使ってる、変われなくて頑張れないし向上心が無い、惰性で生きてるだけでイッパイイッパイ

口内炎が無いときは、あるときのことを思い出して口内炎のなさに感謝している、林雄司さんがそう言っていると岸政彦さんの雑誌の文で読んだ

いきているだけでいいのだなんて常には思えないけどたまにそういう風に意識してみると安らぐかも

私のこと親だって誉めないだろ、だめな自分を生きてるというだけで肯定してくれるのは自分だけかも

自己愛無償だし。自分を誉めろほめろとりあえず。

いま奥田脳神経薬とかいうのと風邪薬

飲んだから見事に頭の中うまく繋がらない、ぽろぽろと、自分で読んでも意味がとれない文が生まれていく