夜中の散歩

いじめについて考えている

壊されたら壊されっぱなし、加害者の気持ちは尊重しても被害者の苦痛は軽視するんだよね

人生無駄にするななんて言うな、私がひとりで苦しんでる時間を無駄なロス扱いしやがって。そんなの、自分が一番わかってるわけ、わたしだってわたしにとっての害悪にこんなに時間をとられたくねーよ。

もう痛くないし大丈夫だし忘れましたってことにして休まないし社会のなかで働いたり進学したりスムーズにこなすこと、わたしにとっても

それが一番利益になるんだけど、

いままでそうやってきたけど、もう休みたい、病んでるもん、ムリよ。

被害を軽く軽く見積もって、怒るとか病むとか手首切るとかそういう不毛なものに時間を奪われないようにしたけど、そうやって感情を外に出さずに自己処理して速やかに社会復帰しないと私はくずなのか、痛いって言ってうずくまるのは単なる時間の無駄なのか。

思ったんだけど、不登校でも精神病んでも大学だって入れますし、私はなんも損なわれてません、加害者に私の時間を奪わせません、って強くて強くて強いサバイバーになるぞという方針にはなから無理があった。わたしだって弱いしすぐへたる普通の人間だから。

立場が弱ければ弱いほど無限に強さを求められるこの社会は異常だ。みんな

死にかけてるでしょ、だってこんな場所で生きてるイミあると思えんの?楽しそうにそのへん歩いてる君も君も君も。ってみんなに聞いて回りてえー聞いて回らねー

いったいみなさんどうやって生きてるの、私は生き延びられる気が正直しない

やー、その後の時間とか幸福感とか万能感とか全部奪われるところまでが被害だった。へっちゃらなんかじゃないなー。痛いと言わせろ。というか、ひどい目に遭わされた人が痛くないし平気だってけろっとしてることって加害者にもお得じゃね。私のこといじめた女、教師になにやったか聴かれて、

いじめたけど、そんなんで来なくなるのは弱いとのたまったらしい、で、それを聴いたその教師が、それをそのままわたしに伝え、自分もそう思う、と

二次加害を加えてきたという…あーとらうま。みんなどうしてこんなにも加害者の味方なのか、不登校児いると教師にとって損だよね、耐えて、平気な顔で学校来てる方がみんなに得なんだよね、内申書なくなるよ、とか脅して使い倒そうとするね、私もいじめ加害者も学校も

私のことを、自己利益のために。

また手首切ってたが、やることいっぱいあるんですよね、計画たてて、今日はおとなしく勉強して(腹壊して吐き気を催し頭痛に苦しみながら。調子悪いとき、学校関係のもの鞄から出せません。23日からずっと出せない出せない泣きながら手首切ったり酷かったー。気狂ってんのかな。今日は出しますけど。これは回避行動なのかな。心身がこんだけ拒否ってんだから学校やめたら?なのか、せっかく入ったんだから学歴なくなるのもったいないなのか、わからん。)

明日ホームレス支援の炊き出し行ってくる。追い詰められた人ほど人助けがしたくなるものなんでしょうね。

肯定的なちからに繋がってるという感覚が非常に薄くなってる。善行することでケアされたいのだ。 自分には力があるって確認したいのだ。やばいっすねー。私がカウンセラーめざしだしたりダメ男拾って貢いでたりしたらやばめだけど炊き出し人員とか募金とか保護猫とか、なんというか対象の心との距離があるものなら社会活動やってもリスキーじゃないよね。