読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中の散歩

いじめについて考えている

被害者じゃなくていじめを直せ

原因があるからいじめてるわけじゃない、適当なうそ理由をでっち上げて弱い立場の人間を作り上げ、なるべく深く痛め付けてやりたいってだけ

いじめは娯楽なんだもの

しかもそれをやるやつは自分のうそで自分すら騙す

太ってるから、と理由をつけて誰かをいじめている奴は目が細いかもしれないし、とんでもない美形かもしれないし、髪の毛がちぢれてるかもしれないし

それがお前の欠点だとプロパガンダ

の材料につかわれてしまうような過剰や欠落をみんな持っているし過剰や欠落を過剰や欠落とみなす基準すらその共同体内部でしか通用しない文化に依存したものかもしれない

指摘されなきゃ誰も有徴者じゃないのかも、極端なことを言うと。

他人の卒アルをみて、このひと可愛いね、というとそいつ陰キャラのブス扱いだったよと卒アル持ち主に言われたりすることは定番だ

こういうことでもわかるように

みんな雰囲気とキャラでしか人のことなんか見てないけどなあ、わりと

美人として扱われてる人は美人に振る舞うから美人に見えてくるし。逆もしかり。

整形モンスターとしてテレビに出てる女性が、整形前の顔のころブスだといじめられていたから克服したい

どんどんお人形さんになりたいと言ってた。整形前の顔が、私の基準ではシックで可愛かったので、(あと可愛くなくても同じことは思っただろうけど)何千万も掛けて、自分の顔と体を使ってだからあなたも生き抜いて的な克服の仕方をするのが本当にその人を生き返らせてんのか、むしろいじめに呪縛させてるんじゃないのか、と暗澹とした気分になったがそんなこと言ったって取り返しつかないよな…

加害者のバカな言い分なんか内面化しなければよいのだけれど、思春期の容姿へのからかいってこびりつく呪詛。

整形より呪詛抜きのほうが自分を生かすんじゃないかなぁ…って思うけどなぁ…