夜中の散歩

いじめについて考えている

いい歳こいてバイトを無断欠勤して怯えているなう

む、むり

意味不明な気分の落ち込みでバイトに行かなきゃいけない時間の寸前まで起き上がれず

腹痛過呼吸耳鳴り、その後ロラゼパム飲んだあと全然効かずパキシルODしてハイになり

なんとか復活

けど出かける寸前財布がなくて遅刻決定

復活ならず

財布は布団の下にあったよ

風邪気味だし、サボろう、で、かわってくれるバイトの人探せと言われてるけどそんなことする義理ないし探したくない

バイト先にめいわくかけてもいいけどバイト代わってもらう迷惑かけるのは嫌だ

研修中二かい遅刻欠勤したらクビだそうな

なんかもうそれもどうでもいい

んで何回もこういう社会不適合者的な流れでいろんな場所に居づらくなってフェードアウトしてると思う

病むなら病むで動くなら動くでハッキリしろ

家で完全に床と一体化してダラダラしてるから女で大人の人間の形に擬態して自分を整えるまでえらい時間かかる

今心が社会にいない

大人の手続きのネットワークの中にいない

みんな辛くても働いてるんだぞ

バイト先はブラックだけど今のところなんも辛くないだろ、働きに行け

せめてやすむとゆう電話をかけろ

電話かかってきたなら出ろ

むり

本気で働きたくない

はたらいてるとどこもブラックで、だからブラックで働くしかないことを一旦受け入れ、

ブラックなのは前提だから、どう気にしないようにして自分を動かそうかな、という方向へと思考がシフトしていく

とりあえず目先の生活を生き延びるため

マイナンバーも出した化粧も薄くした交通費出なくてぼしゅうと条件違っても面接受け直すの嫌でしばらく続けてしまった

また1から新たなバイト先を探すのがだるい

だから今日も無茶苦茶嫌だけどバイト行こうと思った

が、ギブ

また履歴書書いて近所のスーパー受けるか考えとる

時給千二百円だった

風俗に戻ることも毎日考えている

バイト転々としてやり過ごすしかないのかもしれない

働けないこと働けないこと働くことをおかしいと疑っていることに謎の罪悪感がある

私は普通になれない

言葉にしてみると普通とは?という疑問が浮かぶ

働いてない、働けない他人のことを別に変に思ってないのに自分が当事者になると狼狽するなんて欺瞞的だ

大学はヘル

もうだみだ死にたい

わたしいつ自殺するんだろう、寒い

わたし被虐で歪んだ部分治るんだろうか

薬が足りない、動悸がする、独り言がやめらんない、やばい助けてやばいシヌ

みたいな精神状態で、ひたすら紅茶飲んでツムツムやって洗濯してあとは寄生獣一巻を読んでだましだまし鬱を散らしたり

あとは床に転がってウーンウーンとつらがっていた

3時くらいから元気になってきてDVDプレイヤーのACアダプタ壊れてたのでアマゾンで注文してコンビニに払いに行き、イオンでシーフードミックス冷凍を買った

眠いからカフェイン摂る→鬱悪化→抗不安薬飲む→パキシル飲む→眠くなるが早朝に覚醒→寝る→睡眠が薄いので起きても眠い→カフェインのループから抜け出したい

差別のことも日本のこともデモのことも考えたくない、自分は被害者で加害者だとか難しい、人間の多面性について考える余裕ない

無理すぎる、体調が悪くなる、ここはヘルすぎる

元気になったら全部やり始める

わたしがいまさらいまここの日常を絶対だととらえて埋没したりできないから批判し続けるしかないのは知ってる

大学行けなくなったのはセクハラと性暴力の問題と親との関係の問題が一気に来たから

好きで付き合ってた男がわたしが親しくしてた先輩をレイプしようとした

しかもその件はサークルでもみ消されかけていたのを知って無茶苦茶辛かった

その男を除名しろと大学の相談室に相談に行ってきたところあたりからもともとぐちゃぐちゃだった精神のバランスがさらにぐちゃぐちゃになって強がる元気もなくなりヨレヨレになってしまった

ゼミの男らが一人の女の子を嫌って聞こえるところで体型について罵倒し始めたのを怒った

グループワークの教室の入り口で、入ってくる女子の容姿を採点して遊んでいる男らを見て気分がおかしくなった

周囲でわたし以外つらがってないことがつらく

地獄を地獄だと言ってわたしが怖いと話しても、友達がきょとんとしていることがますます孤独なところにわたしを追い詰めた

復学がこわい

周りの人間が悪意を爆発させる瞬間を見たくない、わたしが標的だろうがそうじゃなかろうが耐えられないんじゃないかと思う

なんでこんなに弱いのか

わたしが目撃しようが目撃しまいが悪意はどこにでも散らばってるし、不条理に対して反撃したり批判したりシカトしたり軽蔑したりしながらも結局は嫌いなやつらがいるここで生きてくしかないのだ

汚部屋の女ニート

風が強いから晴れていてもぜんぜん洗濯物が干せない

さっきふっとばされそうになっていたのであわてて取り込んだ

寄生獣が汚部屋の中のどっかにいっちゃっていて気づけば2巻と5巻と7巻が消えていた

掃除がてら寄生獣を探したら、本棚と服カゴと椅子の下というてんでバラバラなところから出てきた、私が置いたんだろうけど私が置いたんじゃない気がする、まあ私が置いたんだけど

ものはふっと消えたり気づいたら積まれていたりいつの間にかあったり動いていたりするものだと思っている、部屋は勝手に汚くなるしものは勝手に動くんだよということを汚部屋じゃない友人に話したら、汚部屋の住人はそういう世界観で生きてるのね、と言われた

そうです、汚部屋に住んでいるみんながそうか知らないが少なくとも私はそうです

さっきふとん干したらふとんの下で納豆のからパックがぺちゃんこになって落ちていた

さすがに引いて、即座に捨てた

玉ねぎを炒めて鯖缶を入れてシチューを作ってパンと一緒に食べた

パンがなくなったから、少し薄めてパスタを入れてもう一回煮たらクリーム系スープパスタとしてちゃんと成立していたのでよし

明日はカウンセリングとバイトという精神摩耗する二本立てなので気が滅入る

気が滅入るイベントがあるとその前後まで気滅入るのが納得いかない

きのうの飲み会でやらかした、とか明日のバイトが鬱だ、とか考えていまをすり減らしていくのは不毛でありもっと瞬間瞬間を生きてくれよ、俺よ

今日聴いてるのはハンバートハンバート

冬っぽい暗さとだるさとほのかな暖かさが

なんか冬眠に誘ってくる気がする

母親に聴かせたら昔傷痍軍人が駅前でこういう暗い曲を演奏してたわ、なんか懐かしくて暗い、とのこと

友人のぎしはケルティックだと言っていた

私は無印良品ぽいなと思って聴いている

つらつらと

・彼氏が来て帰ってしまってから寂しくなって不安定になった、ベタだ!

散歩したりカレー食べたりゴロゴロしている彼氏を足で踏んで遊んだり漫画読んだりして

幼児退行していた、誰も見てないからいいけど他人が見たら気持ち悪いだろうなあカップルのカップルだけ空間

というか内なる自分がオメーら気持ち悪いと言ってるのを感じる

気持ち悪くならないと気持ちよくなれないと歌った大森靖子はすごいぜ的確

・全然関係ないシリアスなことを考えていたので頭の中の整理のために書きますが

加害者は自分が加害者だという事実に自尊心が傷つかないのだろうか

→傷付く自尊心すら失っていると自分を見つめる自分の目も曇るか失うのでは

他人、まして被害者がそのつらさを汲む必要などはないけれど自分が誰かを傷付けたり差別した加害者だと気付いて傷付くプロセスは被害者だと気付いて傷付くことに匹敵するか追い越すくらいつらいんではないか

ツイレディの人々がもし正気を取り戻したら

自分の言ったことに打ちのめされるだろうな

と思い・・

・フィクションの中のキャラの役割について考えた

最近保坂和志の小説論や阿部和重を読んでいて、キャラをコマとして扱う小説の面白さを知った

あとフラナリーオコナーの小説論もう一回読みたい

犬や猫を描くとき比喩として使うな、ということこのシーンにはどういう意味があるのですか、何を示しているのですか、という質問を作者にしたらバカ、犬や猫は犬や猫だ

小説というものを使って具体物や具体的なエピソードを積んでいかないとその人は描きたいものが描けなかったから小説書いたんだろう、何を描きたかったか問われて答えられるわけがない、この小説を描きたかったとしか言えないでしょう

そのフィクションの宇宙の中に配置されたことでなんだって他の要素と絡まって意味を持つ無意味に出てくることができない?

要素に分けて解説できすぎるフィクションは

上手いのか失敗なのか

最近読んだゴトウユキコ水色の部屋が微妙だった

地獄みたいな漫画だったなー

暴力や加害欲を性と絡ませたあげく

それをなぜかロマンチックなものや高次のものだと言って持ち上げる、というような

コンテンツに構ってる余裕はない

わたしは強者じゃないし安全なところにいる人間ではないから

水色の部屋、はちょっと微妙だった

作者が、歪んだ愛について描きたかったとあとがきで書いていたことに違和感を覚えた

主人公はちゃんとまともになったねよかったね、とは思えない

母親をレイプした人間を刺すことで父殺しと自分の加害性殺しも兼ねているというストーリーは、ありか?そんなことで殺せるだろうか、力の行使の仕方がマッチョではないか?

同い年の少女と心が通じ合ったことと母親を他の男に委ねることで成長したことになったけど、彼の救済に女の存在が必要だったことはうーん

レイプした少年はどうにもならないかもねくらいね

読者に気持ちよく本を閉じてもらうために登場人物を歪めたりはしないのだなとは思った

作者が何を描きたかったなんて巻末で言葉で説明するのは野暮だ

この漫画を描きたかったのだろう

書くほどのことではないけども

突然寂しくなった

行き場がないと思った

バイトも実家もアパートもあって近所にフェミの友達がいて彼氏もいる、カウンセラーさんもお医者さんもついてる、私の依存先は多い、前よりもずっと多い、大丈夫だ

とりあえずシャワー、髪を洗い乾かし着替えてあったかいスープを飲み紅茶を入れた

Tシャツ汗かいてから着替えてなくて不快だったのを脱いで見て気づいた、こういうところから不調が始まるから気をつけたい

不安感は激しい

この先も同じ生きづらさが続くのか、などという漠然としたことを考えてしまったから

今日は糖分とカフェインで生きてたようなもので、健康的とはとても言えない暮らしだった、本は読めたけど。

玉ねぎでもいためよう、玉ねぎとツナとチーズでカレー作ろう。

誕生日だた

子供は好き、小さい人間は可愛いから

ハトとかネコとかのことを好きなように人間の形が好きなんだと思う

出産や子供にまつわる神話を憎む

わたしが出産したらわたしが用意できる環境では被害者にも加害者にもなると思うし倒錯するだろうから産まないけど

人間があることに意味はないのだからゼロからゼロになるだけでは、と思う方で、

なぜ産むかとか産むとはとか考えない方

産むことの加害性とか圧倒的暴力だとか一方的だとか取り返しのつかなさとか、理屈としてはわかる、そう思う人がいるのはわかる、むしろ辻褄が合っていてわたしはあっていない

まあわたしは大人だから基本的に子供とは通じないだろう

わたしは子供じゃないから子供のコミュニティに子供として入ることはもう二度とないから

子供を注意深く観察しないとなんの感情にも気づくことができないだろう

近づいて関わることは避けたい、加害したくない

人間のことはわからない

小さい人間にどきどきする

なぜかはわからないけどきみがきてくれたことはとてもいいことのような気がするよ

言ったか言われたか思われたから思ったか思い出せない、わたしと関係ない人がわたしに関係ない人に言ったかもしれない

でも確かな気配を感じたことがあるこういう声の

駅で離人症気味になってしまいこれを書いてました

濃い紅茶飲みすぎてカフェインで死にたくなってるのか?不安感が膨張していく

こんなことなら日東の一杯3円の薄い紅茶おとなしくのんどくんだった

贅沢して日東の一杯10円の紅茶を飲んだら

いつもより苦いしカフェインヤバイとしか思えなかった

安いものに舌が順応しているのか

役所で600円出して必要書類貰ってきた

なんでこんなとこで紙買ってんだろ〜と思った、せめて役所の必要書類代と交通費会社負担ならいいのに、こんなの出しても二ヶ月間は試用期間で、欠勤と遅刻2回であっさりクビにされる、そう思うと真面目に仕事覚えようとしている自分がバカに思える、真面目に働きたくない、まじでなるべく適当にしか働かない‼︎そして遅刻は一回やってるからヤバイ

でも人手足りてないからクビにはなんないだろーな、まだ2回しかレジ入ってないとゆーのに、新人の高校生入ったら指導も任せるかもと言われた、アホかー

不慣れなバイトが不慣れなバイトを指導して誰も仕事覚えず賃金安い割に仕事大変で縛りが多いから辞めちゃうんだな、ここは

正社員も店長も固定残業代が朝の準備の時間分という名目で支払われてるだけで、なのに深夜に残業したりもしているらしいぜ

ブラック!どこもブラック!

働いてお金をもらうためにいろんな書類と筆記用具とハサミと服とか化粧にお金を払ってしかも手間かけないとならんのだろう

叫びたい、暴れたい、ぐぁぁ、不安だ

しかし仕事できないと思われると居心地が悪くなるので、真面目にマニュアルのメモを取り、さらにそのメモを携帯のメモ機能に清書して休み時間とか出勤前に見ている、自分の小心さと悪い意味での真面目さに嫌気がさす

まあしょっちゅうバイトばっくれるし突然行くのやめてばっくれるんですが・・

こんな時給で真面目に働くやつだらけだから足元見られて賃金上がらないんでは、なんでも労働者のがわの責任にしちゃダメだけど、早く来て準備したり他のバイトの意識の低さを嘆く意識高い系仕事早い系のバイトはくたばれと思ってしまうわ、雰囲気的にわたしまで頑張って働かなきゃいけなくなるじゃん

仕事適当にやるのは許せない、みたいな感情を抱いたことがないからわからない、むしろ自分が接客されるときにレジの人がトロかったりロン毛とか金髪とか緑髪だったり声ものすごく小さかったり業務が遅かったりすると安心する

とはいえ今日なんてバイト3時間しかないから頑張れ

聴いたのは倉橋ヨエコウミネコサウンズと

石風呂

読んだのは青い花、アラブ革命の衝撃

青い花ゆりだー

割れる感じで頭痛いからバイトサボろうかなと思ったら治ってしまった

全然割れないじゃねーかどういうことだ

バイト行くしかないよバイトハアー

ポポラマーマの半額カルボナーラと携帯会社が無料でくれるミスドのドーナツを食べた

あと実家の冷蔵庫が完全に壊れたので腐る前に肉を

食い尽くすべくすごい勢いで肉を食べてる

実家でこんな美味いもの食べてバイトは3時間しかしてなくてなにが不満なんだ、と思いそうになったけどカジノ法案は大変なことになってる~