夜中の散歩

日々の雑感と本の感想とか

差別を批判することは排除じゃないっつうの

差別を批判することは排除じゃないっつうの。

お絵かきサークルやろうというのが無理なのかもしれない、と思い始めた。私は昔から絵を描いてるが、習いに行った場所ファッションイラストの教室だったし、漫画は読むし同人活動してたこともあったけどBL通ってないし、オタクコミュニティのことをよく知らない。絵を描く人の中のオタク率高いな…地雷カプ見たくない人のためにワンクッションとかいう私にとってはなにそれ、みたいなオタクルール的なものを内面化してる人も多いな…オタク同調圧力的なものに疲れました。

お絵かきサークル入った人に「創作を十数年やってますが、地雷踏みそうになったと思ったらワンクッション置いて流すのは常識」と言われて、知らんがなってなった。それうちではやってないんでよそいってください。同性愛ワンクッション、差別ルールだろって言ったら、見たくない人は排除するんですね、かわいそうにとか言われて、そんな屁理屈こねるのかって脱力した。

で、差別主義者は排除って言ったら、それじゃ前のサークルであなたがやられたことと同じだろうと言われたけど、明確に違いますよ〜…

同性愛表現ワンクッションルール、同性愛差別だからね、人権とか多様性を損いましょうという意見をそれを主張する人の人権もある!みたいな屁理屈で多様性に包摂することはできないので、その辺は理解してくれ。ここまで書いてさらに説明を求めるのはさすがにやめてほしい。説明は本来無料でしてもらうものじゃない。自分で学んで。

あと差別って言葉にはさまざまな意味があるけれど悪いことを指す言葉として使ってるんですか?という質問きたんだけど何を聞かれてるのかよくわからずどう説明してもわかんないと思うから困ったなあ

そんなに差別にさまざまな意味ないと思うけどなあ

差別はダメですって言われたら

ある属性を持っているからという理由で人を排除したり抑圧したりしてはいけないんですと言われたとでも思っておけば、まあ多分間違いではない。んじゃないですかね…

 

 

人のやり方に文句言うなって文句言ってるあなたは私のやり方に文句言ってないとでも言うのか

タイトルそのままなんですけど、「人のやり方に文句言うなって文句言ってるあなたは私のやり方に文句言ってないとでも言うのか…」

いえね、別に互いに文句言ったり意見押し付けたりして人間社会は発展してくので文句言うの自体はいいし、私に文句あるならなに言ってもいいっす。答えられたら答えるし、妥当だと思ったら受け入れて行動を改善するつもりではある。

ただちょっとなんなのと思うのは、お前は人の行動に文句つけすぎ、人をコントロールしようとしすぎ、と言う文句言う人

あなたも私のこと変えようとしてるよなー…と思う

あとさっき、「表立って差別心を吐露すべきでないのは当然だけど、内心の差別もできるかぎり取り除く努力はしていくべき」って新しいお絵かきサークルで言ったら、他人の内心の自由を尊重しろと言われた。

。内心のありようは見えないし人の勝手なんで、ベキって語尾についてても、強制力なんかないけどなあ。全部私が思ってるだけだからねえ。自分がそうは思わないのなら、こいつはそう思うんだろうね、と放置すれば良いじゃん。あと、嫌だと思う内心は自由なんだから!とか人前で言った時点でヘイトすれすれだろう。大丈夫か…

コミュニケーションの前提がおかしい人いっぱいいるように思える。



差別者の言い分をパターン化してみた

①「自分だって差別は嫌だけど、マイノリティの存在については現代の社会では世間が認めないんだから、ある程度は仕方がない」

これ、ラインでもツイッターでもすごくいろんな人から言われて目眩がした。これを言いたくなる心理ってどんな?おそらく、自分は差別なんてしませんよ、という顔はしたいけど、(これ言う人、世間ではなくお前が差別してるんだって言われるとキレるもん)世間という曖昧だがバカでかい主語を使って差別を肯定したいという歪んだ欲望による発言だと思う。そんな大袈裟にいうほどのことでもないか。

要するに卑怯なんだよ。

②私にはマイノリティ当事者の友人がいます」

それは同性愛者への差別です、やめてくださいと私に怒られて、私には同性愛者の友人がいます、差別なんかしませんとキレてきた差別者が今日のやり取りだけで二人いたので、これ進研ゼミでやった!

すごい既視感!みんなで批判しても批判しても湧いてくるなんて君らはゾンビかよ!と呆れた。

何周遅れだ?という感じではあるが、友達がいてもなんの証明にもならないからね。むしろ、友達がいるのにそんな発言していいのか?

友達(架空じゃなければ)の尊厳傷つけるし友達を生き辛くしてるのお前だし、何やってんだという感じ。反省しろ。

③「他人に意見を押し付けるな、人間の考えは多様なんだ」と言ってくる差別者、とかその擁護者(ていうか結局差別者か)

 

差別は多様性の破壊なんだから多様性の一部じゃないって。差別するな、と意見を押し付けられた!じゃないよ。人を殺す自由だってあるんだ、殺してはいけないを押し付けるな!だったらおかしいとわかるだろうに。人権侵害の自由はない、どんな小さなサークルでも独自ルールでもだめなもんはだめだ。そこはオンラインでも社会だ、脳内じゃない。

 

④差別っていう方が差別!

これはなんて答えたらいいかわかんないけどさっきほんとに言われて面食らった

差別者を排除するな、とかそういうのだったら③に飛ぶ

 

⑤差別じゃない区別だ

 

シカトで

 

 

 

わかってる人はそんなの知ってるよって感じでしょう、わかってる人は感覚でわかってるけどわかってない人は自分が言われてるのかすらわからないままな気がしてブログにしても役に立つのかわからなくなってきたが、差別者に絡まれたら悪霊退散!って感じでこれを読め、と貼り付けるなどの使い方してくださっても結構です。めんどくさいし、いちいち差別者と戦うのが嫌だなあという気分の時は…もちろん戦うのは無駄じゃない、差別者が変節しなくても、味方がいると似た考えの誰かに示すことはできるから。

 

 

 

追記

差別に走ると悲しいかなみんな似てくる。物事の認識が粗い。

稚拙な論理のパターンに回収されちゃう言い分いつまでも振り回すなよ。馬鹿馬鹿しい暴力でも人は死ぬんだよ。

 

神田橋條治『心身養生のコツ』むっちゃ面白いよ

心身養生のコツ

心身養生のコツ

神田橋條治の本、オカルトっぽくて超面白い!

オカルトっぽいとか言うとアレだけど、私は人に害をなさないオカルトとかシンクロニシティを信じるとか占いとかおまじないのたぐいを半信半疑でちょっと信じるのが好きだ。あんまり真面目に信じるとヤバくなりそうだけど、やたらにオカルト排除して論理的に生きてるよ、と思い込むのも何かを固く信じている状況であることは間違い無いし、一周まわってオカルトっぽいよね。

嘘かもしれないが本当かもしれないというゆるい領域が心の中にあるとなんか丁度いい気がする。

子供の頃からマイバースデーとか隠れて読んでたし。見つかると親にちょっとバカにされるから。

こっくりさんもやってたし。

昔読んだ保坂和志の本(多分考える練習という本)に神田橋條治のエピソードが紹介されていて、神田橋先生がなんかの集まりの立食パーティーでお寿司を食べそびれて悔しい思いをしたあと、外来に来た

患者さんが、お寿司食べてきたと言ったそうで、それを神田橋先生は、二人の間にシンクロニシティがあったから、この患者さんはかわりにお寿司食べてきてくれたんだ、と解釈したという。なんかオカルトっぽいけど微笑ましいし、そう解釈した方が世界が豊かになる気する。

偶然と言い切って仕舞えばそれまでだけど、シンクロニシティ、ちょっと信じるわ。

昨日神田橋先生の『心身養生のコツ』という本を買ってきて、さっそく「養生のためには風呂に焼酎を入れて入ろう、悪い気が抜けていきます」っていう本に書いてあった養生法を実行してみた。これのやり方はネットにも載ってる。https://tokusengai.com/_ct/17259420

掲載もとゆほびかかよ!

今回は父の中国土産の安い白酒と有馬温泉の湯とかいうフリマで買ってきた入浴剤入れてみた。

ゆほびかは信用ならないけど、気とか言われるとついやりたくなるじゃん。

なんとなくだけどリラックス効果があったように思う。風呂だから、そりゃそうかもしれないけど、焼酎入れた効果も多分ある。

躁鬱なのに休みの日週一でずっと活動してたからか、焼酎風呂入ったらリラックスしすぎて疲れが出て頭痛くなった。悪い気が出たんだよ多分。効いた。

 

他にもさっそく取り入れたのがあって、それは舌トントン。舌トントン…なんだそれって感じであるが

口閉じて、上下の歯の間を五ミリくらい開けて、歯茎と前歯の間を舌でトントンするというテスト法を神田橋先生は舌トントンと名付けていて、何をテストするかというとざっくり言ってしまうと物事との相性だ。自分がそれを気持ちいいと感じているか、気持ち悪いと感じているかが、舌をトントンしてみてその運動がリズミカルになるかどうかで判断できるというもの。

ほんとかよ!と思ったけど、試しにうちの猫(気持ちいい)とうんこ(気持ち悪い)、元彼(気持ち悪い)など、舌トントンしなくても気持ちいいか悪いかわかっているものを想像しながら舌トントンしてみたら、猫(リズミカル)、元彼とうんこ(舌がなんとなくひきつる)がわりと顕著に出て、これは本当かもしれないと思った。

 

他にも一人でやれる気功とか、足の指を撫でると落ち着くとか、それマジ?みたいな養生法がいろいろ載っているので、色々試してみようかと思う。ダメでもお金と労力かかんないし。

神田橋條治の信用できるところは、信じなくてもいい、合わないと思ったらやらないでいい、いいと思ったら取り入れて、体調と相談してどれやるか決めて、と本の序盤で書いているところや、なるべくお金がかからず、何も体内に入れない、自分でできるものを紹介しているところだと思う。

 

 

 

お絵かきサークルのホモフォビア

ラインのオープンチャット機能を使ったお絵かきサークルに最近入った。描いたクロッキーを載せたり品評されたりして楽しく過ごしていたんだけど、サークル規約を見たら、腐を扱った作品はワンクッション置いて流せいうルールがあったので、差別的ではないかと指摘した。腐、百合、グロ、病み系、過激、虫はワンクッションというルールがあって、同性愛を扱った作品以外についてのルールもなんかよくわからないと思った。エロ、グロはともかく、人が好きに絵を流す場所なので、見たくないものが流れてくる可能性はあり、ルールとか作ってもキリがない。いっそ全作品ワンクッション置いて見たくないものは見なくて良いというルールを作るならまだわかるけど、そういうわけでは無いからな。異性愛についてはそんな規則ないのに、どうして同性愛はだめなのか、と投稿したら、同性愛は日本では一般的ではないからだ、気持ち悪いと思う人がいるから、耐性が無い人もいるから、などオウフ…って感じの直球のホモフォビアが返信として連投されてショックを受けたし驚いた。内心のホモフォビアは最悪克服できなくても、公共の場でそういうこと言うのはさすがにまずいというくらいの認識持っててくれよ。バカだと思われるから、的な利己的な理由でもいいから…

ノーマルラブの話はしていない、とも返信が来たので、異性愛コンテンツをノーマルとするその言葉がそもそも差別的なんですけどね、と言ったが、理解されなかった。日本語通じる?日本語わかる?などと(これだって差別的だよな)嘲笑されつつ、私たちは見たく無いものをお互い見ないで済むように自衛しあっているだけと開き直った返信が来た。

複数人から3分待ってやるから差別的なルール守るか去るか選べと言われたのと、私のことをネットに晒そうと言われたので、バカじゃないの、と呟いたらバカでーす、ここにいる奴らみんなバカですけど、と開き直るし…

同性愛差別するわ、ルールを批判されると集団で個人攻撃するわ、救いようがなかった。

 

この件ツイッターでも呟いたんだけど、同性愛者は種の保存的に弱いから劣ってるだの、今は過渡期だから差別に寛容であれだの同性愛コンテンツは気持ち悪いと思う人もいるからなんちゃらだの数件のクソリプがきた。本当そういうのやめな…

 

 

フェミに目覚めたきっかけ、その他

ぼそぼそ声のフェミニズム

ぼそぼそ声のフェミニズム

読書と英語の勉強をしに図書館に来たんだけど、まじで無理そう。最近ほんとに双極の鬱のせいで具合悪くてカフェインとってないと平気で十五時間くらい寝てしまう。んで起きてる時も無気力でグダグダしてるし、カフェインだばだば入れても心臓に悪いし変な覚醒の仕方をしてて良くない。

やれることがないよー。ほんとは勉強したかったんだけど、スマホ見る元気しかないからブログ書く。

 

 

 

私は19さいのときに大学入って、精神の病気になってしまい四年くらい寝込んで、だんだん復活してきて勉強できるようになったが現在25さいになってもまだ大学にいる。

大学入って一年目は週一で課題図書決めて読書会やって議論とかやるまあまあガチな文芸系サークルに入ってたくさん本を読んでいた。作家と編集者めっちゃ輩出してるし新人賞の下読みの仕事とかも回ってくる割と有名なサークルだった。米原万里は一日7冊読んだとか佐藤優の蔵書よんまんさつとか、桜庭一樹読書日記とか、この世の中には妖怪みたいな本読みいっぱいいるから私なんかそいつらに比べたら赤ちゃんみたいなものだし、サークルに入ったら私で平均くらいだったけど自分比ではめっちゃ読んでいた。高校の頃は桜庭一樹読書日記とか斎藤美奈子書評本とか読んでて、漠然と本読みに憧れていた。小学校の頃仕事でたくさん本読めるなら編集者になりたいと文集に書いたりした。とにかくなんか知らんが現代文得意だったし本好きだった。今はそうでもない、病気で本読めないとき結構あるし、自分よりめっちゃ勉強してて本読んでるのにこのざまかよ。と本読みばっか集まるサークル入ってみて本読みに対する憧れと信頼がすり減ってるし、口達者とか頭良いとかを人ぶん殴る用に使う人みすぎて疲れてるし、二年前くらいに猫を飼い出したのもあるが、人は言葉を持ってしまっていて、猫にはなれないが、猫撫でるとか、友達と話すとか、そっちの方が人生において大切なのではないか…というか、言葉よりエモの方がわたしには向いてるんではないかと思ったから。

んでサークルの地獄話をどうも前も書いたと思うんだけどもう忘れたからまた書く。ちなみにこの酷い一件のせいで、今まで溜め込んでた違和感が爆発して私はフェミに目覚めた、みたいなところがある。

サークルのめっちゃ本読んでる編集者のOBをわたしが好きになって告って付き合ったのだが、そいつが表面上はよく喋る本好きの明るい先輩だったんだけどもうとにかくほんとにやばくて、本当は彼女いないのに(のちに発覚)ずっと付き合ってる彼女いるから君とはきちんとは付き合えませんとか言って来たり(なめられすぎ…そこで別れろという感じだ)

サークルの女の子やたら口説いて何人かといっぺんに関係持ったりしてたらしく(人から聞いた、これ聞いて別れましょうと言った)まあとにかく一言で言うとクズだった。

んである時そいつがサークルのほかの女の子のことをレイプしかけたということをサークルの別の人から聞いた。被害者の人に

サークルの人々からは家に上げたお前が悪いと言われて全部うやむやになっていると言われて、学校の相談室通して弁護士の人にいろいろ相談し、学校にもチクってそいつを出禁にした。だがしかし出禁にしたのに来るし、サークルの連中に会いたくなくなったので私はサークルをやめた。サークル内で解決したことをおおごとにしたとか、恋愛のゴタゴタを弁護士まで読んでどうにかしようとするな、サークルの名前に傷が付く、的なことを言われるなど本当に散々だった。そゆこと言うの男だけじゃないし、私のそのクズの元カレのことをそいつの行状知ってもなお好きな女から嫌がらせメールもらったりして、まじで心が折れて、布団にこもってたな、くらいしかその後の記憶がない。

そいつは本職が編集者だけあって松浦理英子とか斎藤美奈子とかBLとか読んでてジェンダー論の知識が本当に知識としてだけだけど一応入ってる人だったのだが、それってジェンダーなにそれって人がそういうこと起こすよりとても怖くないか。

信用させといて深く懐に入った後刺し殺す、みたいな邪悪さがあるし、長年の経験によって培われた悪しき男性性とか暴力性って結局言葉で相対化したり解体したりできないのかな、ならフェミニズムで世の中変えたりできなくね、と思って絶望してしまう。

 

 

 

同じ頃、同じ大学の別のサークルがサークルの女の人に薬かスピリタス盛って大量に泥酔させて、飲み会参加した女の人たちがバタバタ駅前で倒れてたと言う事件があって、その事件の噂で大学がもちきりになるということがあった。いろんな人がそのサークルの話題を出すんだけど、女が多いサークルはそう言う事件起きるよねー、とか、チャラいバカについてく女が悪い、とか、男と飲みに行ったら自分のグラス自分でみはるとか、そのくらいの自衛はすべきで、女に常識がないとか、そんなことを言う奴が身の回りの友達だと思ってた人にめちゃくちゃいっぱいいて、さすがにすさまじい違和感を覚えて、自分のサークルの件とも重なりかなり辛くしんどく、いろんな人と縁を切った。

 

 

 

その頃ツイッターをよく見るようになり、ネットでフェミニズムやってる人たちの存在を知った。ネットのフェミがその頃なにを問題にしてたかとかきちんとは覚えてないんだけど、性差別について怒ってる人がいるんだなと思えてかなり救われた記憶がある。

 


斎藤美奈子とか川上未映子とか桐野夏生とか松浦理英子を高校の頃好きで読んでいた。

少年アヤちゃんのエッセイとかも読んでたと思う。社会についてとかジェンダーについて違和感は持っていたと言うことだろう。

ただ、自分はフェミニストだ、と言葉ではっきり認識したのってその頃で、ネットがなかったらどうなってたかわかんない。

ネットのフェミニズム、とりあえず自分の周囲で起きていることを言葉にして違和感を表明してみる、とか他人がそうしてるのを見て勇気付けられる、とかポジティブな働きを持っていたはずで、なんか今のトランスジェンダー女性への排除などの悲惨な状況どうして…って思ってしまう。栗田隆子さんのぼそぼそ声のフェミニズムという本を読んだんだけど、大学でちゃんと学んでないからフェミじゃないとか、そういうものじゃないんだよ、ということが書かれていて、面白い本だったし共感した。生活の中でジェンダーロールに違和感持ったらもうフェミでいいじゃん、という気楽さとか野良っぽさがネットのフェミの良さだったと思ってた。コニー氏とかくたびれはてこ氏のブログ好きで読んでたけど、暴力性とか想像力のなさとか人を排除したがる傾向見破れなかった。

性暴力とか性差別にボロボロにされた人が行き着いた先が、恐いからと誰かを排除する歪んだ考え方というの、救いがなさすぎてもうちょっとなんとかならないか。私はそこに行き着くのは拒否。

大学のフェミニズムの授業②

最近の英語の授業で、たまたま教科書の中に入ってたフェミニズムのテキストを扱ったんだけど、さらっと流すかと思ったら、先生が女性の生涯賃金男性の七割なのが日本です、とか、うちの大学も学長ずっと男ですね、とか、教員も男だらけだね、とか色々データを示しながら、一人一人当てて、どう思うか言わせてた。で、変わらないと思いますよー。仕方ないじゃないですか〜って答えた女子がいて、ウワァ諦めんなー、と思って、でも最近フェミニズム割と流行りですよね、と思わず口を挟んでしまったりした。あと、当たった時に、セクハラをバイトしてる会社の上の人にちくったりした話をしたら、先生から頑張れ頑張れもっとやれって言われて、おう!って気分になった。 ところで諦めるって1つの生存戦略なんだろうか?フェミなんかやめて保守的に生きた方が既得権層に好かれて少しは楽なのかなと昔は思ってたけど、(フェミやめようとは思わなかったけど)プライド掘り崩してそうまでして得られるの男の残飯なんだったらやだな、多くなくていいから普通の飯が食いたいよなと今は思う。 英語の授業のおじさんの先生に最近妙に萌えてるということはツイッターでかねがねタラタラ垂れ流しているのだが、(どれくらい萌えてるかと言うと一週間くらい頭洗わなかったりする社会的にアレな私が

あ、イケオジの授業ある!で頭洗ったり…

具合悪くて最近生活がままならないけどイケオジの授業は全部出てたりね 

ところでイケオジってなんだろう…イケメンのおじさんの略か) 話が面白くて左翼でシュッとしててインテリだから好き(ほんとちょろいな)だけど、憎しみもなくはない、大学の先生で男だし、おじさんだし、フェミニズムを学校、しかも大学でおじさんから教わるのってギギギっていう気分でもあるな〜と言う思いもある。他の学問と同じで知識だって歴史だって理論だってあるんだから全部平場でやるのは無理なんだろうけど、大学みたいな場所で権力がある人からない人に流すだけがフェミじゃないじゃないかとも思うから。 それから先生に対して知識はあっても果たしてこの人はどれくらいメンタルにフェミニズムが食い込んでるんだろ…と言う点が気になったが、話聞いてたら、妻子いないし自分が死んだ世の中のことは知ったこっちゃないと言いたいとこだが学生にこれだけは伝えたい、フェミは大事!的なこと言ってて割と高体温だなと思い、おじさん頑張れーいいぞいいぞと思った。 あと、やや話変わるけど歴史や知識を知らないで情念だけあっても暴走するからアレだし、それを危惧してるからわたしも本を読んだり読書会開催を企んだりしているんだけど、やっぱ社会はおかしいんじゃないか、変わった方がいいんじゃないかという素朴な思いからいろいろ始まると思うし、いろいろ勉強しようにもまずそれをなんでやりたいのか、みたいな感情なしになんかやろうとしても無理なんじゃないかな。 既得権層は憎いが内心は自分も既得権欲しいし、他人の権利は知らないが、自分はとりあえず得したいぜみたいな…既得権ぶん回す男みたいになりたいフェミ自認の人全員勘弁… ネットだけでフェミニズムを学ぶとやばいとか、ネットだけで学んだ人も本読めよとか、いろんな意見が聞かれるけど、何をどう勉強しようがそもそもあいつら根性曲がってるよ…果たして知識の問題なんだろうか?とわたしは疑っているよ、知識不足じゃなくて魂の根腐れじゃね?どうやってなおすかはわからん。